So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ヒーティング [オランダぐらし]

が、やっと直った~~~~~~。ああ嬉しい。

ずっと壊れていたのです。先々週くらいから、また。
室温の方は電気ヒーターをひとつ居間で稼動させておけば季節柄問題ないとしても、お湯が使えなかったのはかなり辛いものがありました。こう何度も故障されると(過去日記を見ていただければ分かります)私も対処方のプロになりざるを得ないので、なんとかは暮らせていましたが。

まず、スキルを駆使すれば、3分だけお湯が出ます。
(ウルトラマンかよっ!と誰かつっこんで下さい)
これに「お湯をためる」合わせ技で、食器洗いと洗顔は、100歩譲って問題なしとしましょう。
ただ、シャワー3分は、さすがに無理。
私もこれでも女の子。いろいろする事があるし。

で、止まるたびにガスをつけ直しに行く訳ですが、これがけっこう寒いのです。お風呂からスイッチのある台所までびしょびしょになるし、シャンプー流しきれないうちに止まったりすると廊下泡だらけ。
もういやぁぁぁ!!と堪忍袋の緒が切れそうになってたところだったので、直って良かった、ほんとに。

何故だか2週間前から行方不明の大家さん通称フレッドに代わり、今回直してくれたのはお隣さんだったのですが、本当に親切な方で助かりました。
あれこれ部品やツールを探してくれて、何度も足を運んでくれました。
いつも終わると、
「どゅ~~~~~ぃ!!!」
---------------------------------
注:ドューイ→蘭語。トッツィンス、ダーァと共によく使われる代表的な別れの挨拶。トッツィンスがさようなら、ダーァがじゃね、のニュアンスで聞こえるに対し、このドューイは、さいならっきょー♪…とまではいかないにしても、コミカルな香りを有しているように思えてならない。滲み出る愉快な雰囲気に思わず口もとが緩む、私のNO.1お気に入りダッチワード。
唇をすぼめて、低めに「ドゥ」と発音した後、突如約1オクターブ上昇、2度下降しながら「イ」。その個性的な発声ゆえ、街にこだましている様を見ると、いまだ笑いをかみ殺すのが難しい
------------------------------------
と、声高に叫んで颯爽と去ってしまうので、満足にお礼もできなくて申し訳なかったです。

でもガスパイプ内を調べてもらって、従来10前後が普通らしい一酸化炭素値が4000もあったのはびっくりしたよ…。幸運な事に室内には漏れてなかったみたいだったから良かったけど、一歩間違えば…。おそろしいことです。
私、よく今まで生きてた。

フレッドが帰ってきたら思い切り文句言わないと!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。