So-net無料ブログ作成

海外へ持って行きたい日本の物ベスト10 後編 [旅行]

前回のランキング、続きましては5位から1位です[るんるん]


[かわいい]5位 レッグウェア

TH415W.jpg
ストッキング&タイツは、日本製品が断然優秀!
ピエールマントゥーやフォーガルなど、高級なものを買えば、もちろん質も高くお洒落ですが、普通にスーパーで売っているのはフィット感も悪く厚地であまりおすすめできません。

[かわいい]4位 ナイロンタオル

 aa008-011.jpg
お風呂で体を洗うこれ。地味に、あると嬉しいグッズのひとつでした!

10145083976.jpg
ボディショップ等で、こういうスポンジは購入できますが…。
やっぱり、背中がしっかり洗えるタオル型が使いやすいです[グッド(上向き矢印)]

[かわいい]3位 ホッカイロ

sp1030979.jpg
これは、寒い国では本当に大活躍!
持っていると、外人から、”魔法みたい!”とびっくりされたものです。
私は特にピアノを弾くので、指先がかじかんでしまわないよう、冬場の必需品でした。

 41GfOe7kF1L._SL500_AA300_.jpg
ちなみに、暑い国に行かれる方にはこちらがおススメ。


[かわいい]2位 文房具

Ball_pen.jpg
特に日本製のボールペンの質の高さは、海外に持っていくと驚かれます!
なめらかな書き味で、インクが長持ち。手が疲れないようにグリップもついており、細かな気配りがさすがMade in Japan!

9840530.jpg
他にも、シャープペン、消しゴム、はさみ、なども。
軽くこするだけで綺麗に消せる消しゴム、ちょきちょき刃を動かさなくてもすーっと切れる、切れ味の良いはさみ。
日本にいると普通の事ですが、海外に行くと、これらも素晴らしい技術の結晶なのだということが分かります。

[かわいい]1位 食品用ラップ

 l.jpg
堂々の一位は食品用ラップ!!
海外のラップは、本当に切れないです[たらーっ(汗)]
びよよーーーんと伸びるばかりで、すぱっと綺麗に切れたためしがありません。
しかもラップ同士がすぐにくっついてぐちゃくちゃになってしまう・・・
それにひきかえ、日本製品の片手でぴっと切れるあの快感!!
クッキングシートや、魚焼きシートなど、キッチンペーパー類も日本製は優秀です[黒ハート]

<番外編>

・ティッシュ(海外製は紙がごわごわしている。ポケットティッシュがない)
・耳かき(綿棒はあるけど・・・)
・生理用品(日本製のような立体裁断にはなってません)

反対に、オランダ製が優れていると感じたもの。

・乳製品(チーズ、ヨーグルトなど、種類が豊富で美味しい)
・パン(スーパーで安く売っているものでも、香ばしくて美味しい)
・お花(新鮮で美しい花束が安く買えます)
・インテリア雑貨(素敵なデザインの物が沢山ありました)

ファッションでも雑貨でも、なんでもインポート物が人気を集めている風潮がある昨今。
確かに、海外のデザインには目を引くものが沢山あることも事実ですが、隅々まで気配りの行き届いた日本製品の品質の高さは、世界屈指の物だと思います。

今後、海外へ行かれるご予定がある方は、是非参考にしていただけたら幸いです[ぴかぴか(新しい)]


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

海外へ持って行きたい日本の物ベスト10 前編 [旅行]

最近、私の周りで海外に引っ越す友人が増えています。

自身の仕事や留学、ご主人さまの海外赴任…などなど、理由や行き先は様々ですが、日本から何を持っていくべきか、荷造りには悩まされているとの話をよく聞きます。

そこで!
私自身がオランダで暮らしていた時の経験をふまえて、”海外へ持って行きたい日本の物”ベスト10を考えてみました[ぴかぴか(新しい)]
国によって状況も変わってくるかと思いますし、完全なる独断と偏見ですが、そのあたりは大目に見てください( ̄▽ ̄)

ではでは、まずは10位から!

[かわいい]10位  缶切り

e301955e.jpg
海外ではプルトップ式ではない缶詰もけっこう多いため、缶きりは必需品なのですが、留学当初は海外仕様の缶きりが、どうにも使い慣れず、非常に困った覚えがあります。

k994587745.jpg
海外仕様缶きり

o0450045010665184968.jpg
こんな感じでくるくる。コツをつかめば便利なのですが、私はやっぱりシンプルイズベストな、日本式テコの原理の缶きりが好きです[グッド(上向き矢印)]

[かわいい]9位 お茶

img57384897.jpg
定番中の定番。やっぱり日本人なら緑茶!!
海外生活が長くなればなるほど、この渋みが無性に恋しくなってくるものです。

nestea-green-tea-20oz.jpeg
ちなみに、オランダにもグリーンティーはありましたが、こんな感じの。
なんと炭酸&砂糖&レモンいり!!邪道にも程があります。

[かわいい]8位 蚊取り線香

yk1.jpg
海外にも蚊はいっぱいいます!しかも大きくて毒性も強い。
一匹でも部屋にいると、一晩で10箇所以上真っ赤に腫れ上がるほど刺されてたりするので、ぷぅ~~ん、というあの嫌な音が聞こえたらもう退治するまでは眠れない事必至。
夜な夜な、壮絶なバトルを繰り広げていたものです。
昔ながらの蚊取り線香でも効果ありですが、おすすめは、リキッドキンチョール。
vi-fu-vmb3000p.jpg

vi-fu-vmb3000w-03.jpg

これを日本から買ってきて、寝室に置いておき始めたところ、ようやく安心して眠れるようになりました。

[かわいい]7位  スリッパ

 ahh65-img.jpg
海外は、ご存知の通り土足文化なので、あまりスリッパというものが流通していません。

デパートにてスリッパはないか聞いたところ、こんなのが出てきました。
06071883E83H838B83_.jpg
ガーデン用スリッパ(笑)

日本式に土足禁止の暮らしをご予定の方は、スリッパも持っていった方が無難かと。

[かわいい]6位 昆布orかつおぶし

 20401-2.jpg

海外には、”出汁”の文化がありません。
日本食のレストランはありますが、大抵は醤油味かテリヤキ味。
自炊をするのにキッコーマンのお醤油はオランダでも手に入りましたが、出汁を取る食材がないため、和食を作ってもどうにも味気なく、残念な仕上がりに。

maggi2.jpg
ブイヨンは、野菜、ビーフ、チキンが揃っていますが。。

7225107746_dbb8467a1d.jpg
昆布やかつお節がかさばるという方には、ひがしまる”うどんスープの素”がお勧め[黒ハート]
煮物、炒め物、、何にでも使えて、それなりに和食らしい味わいになります!



後編につづく[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

写真その①~ハワイ編~ [旅行]

前回の更新からだいぶ時間が経ってしまっていたので、その間撮った写真をまとめてアップしたいと思います♪
ほぼ地震前の出来事なので、もう遥か昔のような気がします [あせあせ(飛び散る汗)]

 IMG_0301.jpg
2月に友人の結婚式でハワイに行ってきました!

IMG_0314.jpg
お天気にも恵まれ、初ハワイ、存分に満喫しました。

IMG_0296.jpg
挙式が行われた教会

IMG_0320.jpg
青い海をバックのウェディングケーキ

IMG_0336.jpg
パーティーではフラの演出も。

IMG_0328.jpg
トロピカルドリンクが美味しかった!

 IMG_0259.jpg
マリポサからのサンセット

IMG_0258.jpg
骨付きのお肉!ボリューミー!

IMG_0361.jpg
人気店、ブーツ&キモズのマカデミアナッツソースパンケーキ。

IMG_0273.jpg
一緒に参列した友人と。
2泊4日のかなり強行スケジュールでしたが、出席できてよかったです[黒ハート]


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

モンサンミッシェル [旅行]

写真アップ、続きましては音楽祭の帰りに立ち寄ったパリ♪

念願のモンサンミッシェルに行ってきました!

IMG_4518.jpg
バスに揺られてパリから約3時間……見えてきました!

IMG_4520.jpg
じゃーん!想像以上の大迫力に感動。

IMG_4524.jpg
まずは名物の巨大オムレツでランチ。

IMG_4528.jpg
味は……普通、うん。

IMG_4533.jpg
さぁ、いざ修道院へ。ながーい階段をのぼっていきます。

IMG_4538.jpg
内部にはひんやりと神秘的な空気が流れています。

IMG_4542.jpg
ちょっと開けた場所にでました。ちょうど潮のひいた海岸の、なんとも芸術的な模様。

IMG_4540.jpg
もう少しのぼります。

IMG_4543.jpg
中庭!

IMG_4545.jpg
ラピュタのロボットが出てきそうな感じ。

IMG_4548.jpg
完璧に美しい規則的な柱の並び。


中世の余韻に浸りながら、またバスに揺られてパリ市内へ。

IMG_4560.jpg
Aちゃんのお兄さんに教えていただいた美味しいココット料理屋さんに向かいます。

IMG_4562.jpg
前菜。ツナと野菜のゼリー寄せ。

IMG_4563.jpg
パンプキンスープ。

IMG_4564.jpg
牛の煮込みと蒸し野菜。

この後、りんごのクランブルも食べました☆
どれもこれも本当に美味しかった!

IMG_4509.jpg
セーヌ川。

やっぱりパリLOVE[黒ハート]です。

 


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

ベルギー写真 [旅行]

恐ろしく更新が滞ってしまってごめんなさい!

書くことがありすぎて、もう何から書いたらよいやら…なので、
とりあえず写真をアップしていきますね!

まずは3月(古…[あせあせ(飛び散る汗)])に行ったベルギーの音楽祭写真です。

 IMG_4475.jpg
会場となったのはアントワープ郊外にある素敵なお城!

IMG_4480.jpg
内部はこんな感じ。

IMG_4489.jpg
夜にはライトアップされて。

IMG_4484.jpg
レッスン室のひとつひとつも本当に素晴らしい空間。

日本ではなかなか味わえないクラシカルな環境で音楽とじっくり向き合うことができました。

IMG_4486.jpg
恩師アキレス先生。お元気そうでほっとしました。

IMG_4498.jpg
コンサートの後。お世話になった庄司先生や受講者の子供たちと一緒に。

 

 


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

オランダベルギー滞在記 08 その② [旅行]

滞在記 その①からのつづき。


4月15日(火)
最悪の一夜だった割に、案外爽やかに起床…するも、替えのコンタクトも眼鏡もないため(一日使い捨て愛用。昨日寝る前に捨ててしまった)目が見えない。ちなみに視力は0.05。あちらこちらにつまづきボロボロになりつつも、なんとか電車を乗り継いでロッテルダムの宿まで帰還。シャワーを浴びてさっぱりして、すさんだ心を癒すべく公園をお散歩。

200804151543000.jpg

リフレッシュしたところで、また友人宅にて練習。まだ胃の調子も悪く、本当ならゆっくりしたいところだが、コンサート前でそうもいかないのが辛いところ。疲れがたまらないように気を配りつつも指をなまらせる訳にはいかないから、そのあたりの調整が非常に難しい。どうしようもなくなったら、あとはアリナミンとユンケルが命綱。

4月16日(水)
コンサート前日。アントワープに移動。オランダ入りしてからずっとコンタクトを取り続けているのに、主催者と全く連絡が取れず不安でたまらない。公演前日にして、コンサート会場がどこなのかも、何時から始まるのかも、リハーサルやもろもろの進行も何も知らされていない状態で、普段楽天家の私も、なんというかもう我慢の限界。
やや怒りをこめた文面で再度メールを送信したところ、夕方になってやっと、詳細が知らせる文書が届いた。公演24時間前。
なんとか明日向かうべき場所が分かってほっとしたところでちょこっとアントワープを観光。

SANY0007.jpg
広場と大聖堂

4.21 008.jpg


コンサート前ということで、ちょっとリッチにヒルトンのレストランでチキンソテーのディナーを食べて、就寝。

4月17日(木)
コンサート当日。
朝、リハーサルのため会場へ。

4.21 001.jpg
エントランス

SANY0029.jpg
中庭

SANY0032.jpg
外観

SANY0022.jpg
内部も美しい


SANY0021.jpg
VIP席?

SANY0024.jpg

数時間のリハーサルの後、ご飯を食べてエネルギー補給。
8時半、いよいよコンサート開演。

SANY0012.jpg

会場はなんと満席!!大して宣伝もしていない様子だったし、現地の人にとっては全く聞いたこともないの異国のピアニストのコンサートだというのに、ここはやっぱり文化の違いなのだろうか。

緊張で卒倒しそうになるも、なんとか無事に弾き終える事が出来、肩の荷が一気に下りる。
こんな美しい町の、歴史ある素晴らしい場所で弾かせていただけて、本当に感激。
いろいろ大変だったけれど、この仕事を引き受けて良かった、と心から思う。

渡欧して7日目、ようやく満たされた安らかな気持ちで就寝。

 .:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪
ちなみに、6月1日発売の 仙台っこ でも、今回の旅のエピソードを書いています。
ブログにはのせていないとっておきの裏話がまだいろいろありますので、地元の方は是非こちらも見ていただけたらと思います★


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オランダベルギー滞在記 08 その① [旅行]


今回の渡欧記、書きたいことがあり過ぎて何から書いたらよいのやら全くまとまらず、数行書いてはやめ、書いてはやめ……を繰り返すうちに、気がついたらこんなに日が経ってしまった。
うーん書けない。完全なスランプ。
たまに”筆がのる”状態になるので、とりあえずそうなった時に一気書いてしまおう! という作戦だったのだが、2週間経ち、更には月が変わっても全く状況は変わらず。このまま待っていても記憶が薄れていくばかりなので、とりあえず思いつくままに印象に残った出来事を羅列してみようと思う。

4月11日(金)
出発の日。コンサートは17日なので本当はもっと後に発ちたかったのだが、チケットが取れずに早めの渡航となった。
機内では、ここぞとばかりに映画を観るのがユキ的機上の楽しみ。「魔法にかけられて」(ディズニー)→「陰日向に咲く」→「P.S.アイラブユー」→「ラウラの冒険」を半分観たところでアムステルダムに到着。時差ぼけもなく体調良し。オランダの天候は晴れ。

200804161014000.jpg

4月13日(日)
学校が休みで練習できないので、友人宅のピアノを借りに行く。ロッテルダム近郊のドルトレヒト。典型的なオランダの家々が立ち並ぶ可愛い町。

200804151952000.jpg

3時間ほど弾きこんでから、来年の音楽祭の打ち合わせ。春にオランダ南部の古城で行われるフェスティバルなのだが、山や湖も近く風光明媚な場所らしい。今から楽しみ。

4月14日(月)
朝、駅前のデリで買った山羊チーズサンドを食した後、見事に食あたり。死にそうになりながら電車で二時間、ブリュッセルへ。教授宅で久しぶりのレッスン。最悪のコンディションだった割に案外うまくいって、なんだか狐につままれた気分。
多少晴れやかな気持ちで帰路につこうとするも、ブリュッセルの駅に着いてみれば今日はもうオランダゆきの電車はないと言われ愕然。いつもとダイアが違う…。今日はとことんついてない。仕方なく近場のホテルを探すもどこも満室。教授に泣きついたところ、びっくりして駆け付けて来て、一緒にホテルを探してくださった。なんとか見つかったホテル”Hotel Mozart”、モーツァルトの肖像画が鎮座する怪しげな部屋で、もうなんだか心身共に疲れ果てて服のままメイクも落とさずに(着替えも石鹸もなかった)就寝。

その②へ続く。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

帰ってきました! [旅行]

ベルギーから無事に帰ってまいりました。
コンサートもなんとか成功に終わり、お客様にも喜んでいただけたようでほっとしています。

それにしても、食あたりにあったり終電を逃したり、その他いろいろネタ満載だった10日間(笑)
また、後から少しずつ書いていきますね☆

取り急ぎ、帰国のご報告まで[ぴかぴか(新しい)]
おまけ画像↓

SANY0007.jpg
アントワープ

SANY0023.jpg
コンサート会場

4.21 019.jpg
帰りにパリで買ったお土産たち。ラデュレ大好き!手前のお菓子やマカロンもキャンドルです♪


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

旅じたく [旅行]

こんにちは♪
今月下旬からベルギーの音楽祭へ行くので、少しずつ荷造りを始めました。

荷造りって面倒くさいのだけど、お気に入りのポーチたちを総動員してあれやこれやと詰め込むのはちょっと楽しい。

★yuki的旅の必需品
・衣類のしわ伸ばしスプレー
・乾電池(電子辞書とか録音機とか、その他いろいろ電子機器の予備)
・変換プラグ(パソコン、ドライヤー、携帯充電器…etc.)
・スリッパ(ホテルや寮内で過ごす時間がけっこう長いので、折りたたみじゃなくてふわふわで履きやすい物が好き。これは300円ショップで購入♪)

★お薬は、総合風邪薬、痛み止め、胃腸薬は念のために。
あと、演奏旅行の時は肉体疲労対策のサロンパスとビタミン剤も必需品(笑

・トラベルクロック(ある尊敬する方に留学のお祝いにいただいた宝物)
・サングラス(海外の日差しは強い&日本では恥ずかしくて着用できないのでここぞとばかりに持参。同じく日本では着用できないようなちょい派手なワンピースなどと合わせてリゾートチックに)
・英語の名刺(ビジネスチャンスを見逃すな!



・キラキラ靴(コンサート用。ドレスはくるくる丸めてもしわにならない物を持っていきます)
・カモミールティー(演奏前に飲むとリラックス)
・ふくらはぎローラー(女性の敵、むくみ対策)

あとは……普段使っている化粧品やメイクポーチやドライヤー、コンタクトセットなどなど。
あ、日本と違ってホテルに歯ブラシがない事が多いので、歯ブラシセットも必須。シャンプーも、あってもあんまり質が良くないので持っていった方が無難です。

ではでは皆様、よい夏をお過ごしください^-^


nice!(7)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

サウンドオブミュージック♪ [旅行]

ザルツブルグの講習から帰ってきました~。
門下の皆と再会できたし、新しいお友達もいっぱいできたし、とっても楽しかった!

でも、やはりというかなんというか、今年のヨーロッパは如何せん寒かった。
毎日どんより曇ってるか雨ざあざあかで、からりと晴れたのは最終日くらい。白いサンダルを履いていった私の足元は、冷えるわ濡れるわ泥まみれになるわで全くひどいものでした。
ヨーロッパ在住のみんなから「寒いよー」と散々アドバイスもらってたのに、なんでこんなセレクトしたんだろう自分。私の中では暑すぎるくらいだとあくまで予備として持って行ったパーカーも、アルプスの山々から吹き付ける冷気の前ではまったく防寒の役目を果たさないし。
寒い寒いとは言っても所詮8月だし?とタカをくくっていた己の想像力不足、そして恐ろしく代謝の悪い生まれつきの冷え体質が恨めしい。

でもまぁ、なんだかんだ充実した10日間(ほんとは2週間だけど遅れて行った)でした!
今回滞在したフロンブルグの寮は、映画サウンドオブミュージックの舞台にもなった有名な建物。
 

トラップファミリーの家として撮影に使われた、そのまったく同じ場所で過ごせたことはほんとに感涙物だったし、ザルツブルグの街は相変わらず美しかった。


コンサートもなんとか無事に弾けたし、デメルのメレンゲケーキは美味しかったし。


さてさて、我が家に帰ってきたのが昨日。
どうやらザルツに行っている間に2ヶ月前にオランダから船便で送った引越し荷物がやっと届いていた模様で。
どどんと大箱が13個積み重なって、タダでさえ狭い私の部屋を占領及び圧迫しておりました。

うーん…めんどくさい…。

でも、片付けた!一晩で13箱。&ザルツのスーツケースも全部。
「一日にひと箱ずつとか、ちょっとずつ片付ければ良かったのに」
と母には呆れられましたが、なんか、そういう中途半端な事が出来ない性格なんです、私。いっぺんに気合を入れて一気に、徹底的に、すべて、完璧に、やらないと気持ち悪い。し、時間を置くとめんどくさくなって出来なくなっちゃう。
更には、片付けついでに部屋を飾り始めちゃったり、写真たての中身を入れ替えちゃったり、思い出の手紙を読み返してみちゃったり…とかきちんと(?)王道に従ったこともあって、昨日夜9時に開始した片付けが、終わったみればなんともう朝8時……。
それから昼過ぎまで寝てた私は、プラス時差ぼけも重なって、今現在まったく眠れず。




で、こんな時間に長文書いてる…
と、そういう訳です。


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。