So-net無料ブログ作成

中尊寺 チャリティーレクイエムコンサート [お知らせ]

コンサートのご案内です[るんるん]

7月29日に、世界遺産”中尊寺”にてチャリティーコンサートがあります。元ウィーンフィル首席奏者のペーター・シュミードルさんをお迎えしての素晴らしい企画です!夜にはまたプログラムを変え、一関ベリーノホテルにてディナーコンサートも行われます。

《出演者》 
クラリネット・・・ペーター・シュミードル
ピアノ・・・松坂 優希 

【中尊寺・チャリティー・レクイエム(鎮魂)コンサート】
公演日時:7月29日(日)15:00
会場:中尊寺本堂

<演奏曲目>
カザルス:鳥の歌
シューマン:幻想小曲集 op.73
服部克久:セレナーデ
ウェーバー:シルヴァーナの主題による変奏曲
シューベルト:小夜曲
など

「平泉の文化遺産登録」を復興への希望の光と捉え、その中心となり東北を代表する「中尊寺」を舞台に元ウィーン・フィル首席クラリネット奏者を迎え、日本人ピアニストとの夢のコンサートを行います。

[ひらめき]チャリティーチケット2000円(200枚限定)
お問い合わせ:中尊寺レクイエムコンサート窓口 0197-25-6446(10:00~17:30 土日祝休業)


【ウィーン・フィルの奏で】(Bellino Klarinette Quintett,Wien)
日時:7月29日(日)19:00~21:00・(18時~コンサート、19時~ディナー予定)
会場:一ノ関ベリーノホテル

<演奏曲目> 
ベールマン:アダージョ
シューマン:幻想小曲集 op.73
モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調
など

~世界的なソリストと夢の一夜を~
一関の自然と調和したヨーロッパ調ホテル、ベリーノホテルにて、出演者とご一緒に夕食懇親会にご参加いただけます。世界最高と賞賛されるウィーン・フィルメンバーだったペーター・シュミードル氏を迎えての夕食会です。
大変貴重な機会です。荘厳な中尊寺本堂でのコンサートの余韻が残るなか、一流のソリストと素敵な夜をお過ごしください。夕食会の前にコンサートもご鑑賞いただきます。

[ひらめき] 会費12000円(ディナー込み)
お問い合わせ:ベリーノホテル一ノ関 0190-23-4111


《ペーター・シュミードル(クラリネット)氏のプロフィール》
 1941年、チェコ・オルミッツ生まれ。祖父、父、本人と3代に渡ってウィーン・フィルの首席奏者を務めている。ウィーン国立音楽大学でルドルフ・イェッテルに師事し、その後ボスコフスキーにも師事している。1965年にウィーン国立歌劇場管弦楽団、1968年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 に第1クラリネット奏者として入団、1982年より第1主席奏者となる。1967年よりウィーン国立音楽大学教授として、数多くの門下生を指導し、現在ではその生徒達が世界各国のオーケストラで活躍している。1984年、ザルツブルグ功労金勲章を受章、1991年、オーストリア芸術名誉十字勲章を受章。音楽教育家としても名高いシュミードルは、ヨーロッパだけではなく、日本においても数多くのマスター・クラスに講師として参加し、後進の指導に貢献している。


東京からはツアーも組まれてるようです。よろしかったら是非お越しくださいませ[ぴかぴか(新しい)]
★朝日旅行のツアーページ
http://www.asahiryoko.com/kaigai_detail.php?id=2565&page=4

 IMG_0405-1.jpg
シュミードルさんと。

IMG_0402.jpg
去年はヒンクさん(vn.)、ドレシャル(vc.)さんもいらっしゃいました。

深く柔らかな音色、そしてそこから紡ぎ出される、まるで呼吸しているかのように自然で伸びやかな音楽。
”音楽とは本来こうあるべきなのだな”と、去年、仙台のコンサートにて初めて共演させていただき、受けた衝撃は今でも忘れられません。

今回は急遽決定したイベントだったので、練習期間が短くかなり大変ですが、ベストを尽くせるよう精一杯頑張りたいと思います!!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。